効果は治療法で異なる|下肢静脈瘤を治療しよう|血流の病気は早めに専門医へ

下肢静脈瘤を治療しよう|血流の病気は早めに専門医へ

院内

効果は治療法で異なる

ナース

治療法を探そう

転移がんがあると、多くの人はもうダメだと諦めてしまうと言われています。しかし、転移がんがあるからといっても必ずしも手遅れだとは限りません。今の時代、様々な治療法が確立されてきているからです。また、転移している部位のがんの状態によっては、手術や様々な治療によって改善できることもあります。まずは、がんの状態をしっかり把握することが大切です。その上で、担当医とどんな治療法がいいのか相談していきましょう。最近は手術のみならず、放射線治療やホルモン療法など、いろいろな治療法を組み合わせる病院が増えてきています。組み合わせることで、より効果的な治療と繋がるからです。もちろん、人によって効果の程度は違うので、じっくりと治療していく必要があります。

手術以外もある

転移がんが見つかった場合、早急に治療を行う必要があります。おおもとのがんを手術で切除したとしても、転移がんがあれば、さらに転移が広がっていってしまうかもしれないからです。これでは完治したとは言えません。もちろん、転移がんも手術で切除することができます。ただし、部位や状態によってできないこともあります。手術以外の治療法の方が効果的なこともあるので、この点は担当医とよく相談することが大切です。薬物療法が主なものとなってきます。転移がんがいろいろな部位に発症している場合には、全体的に治療していかなくてはなりません。患者の体力や年齢などを考慮した上で、適切な治療法を見つけていくことになります。よって、期間もかかることがあります。