症状と治療方法を知ろう|下肢静脈瘤を治療しよう|血流の病気は早めに専門医へ

下肢静脈瘤を治療しよう|血流の病気は早めに専門医へ

院内

症状と治療方法を知ろう

医者

病気にも多くの種類がありますが女性に多い病気のひとつに甲状腺の病気があります。甲状腺の病気は特に痛みなどの症状がないため、ほとんど自覚症状がないことも多く、発症していても気づかないことも少なくありません。体がだるい汗をかきやすい、太りやすくなったなどの症状が出ることもありますが、更年期の症状と混同しやすく見落としてしまうこともあります。チェックした点としては甲状腺はのどにありますので、のどの変化を確認してみましょう。のど仏のあたりが腫れている、しこりを感じるなどの場合は早めに診察を受けておきたいところです。バセドウ病の場合は眼球が突出する症状がよく知られていますが、誰にもこの症状が出るわけではなく、それほど多い例ではないことも知っておきましょう。

病気であるかどうかの診断は血液検査や超音波検査を行うことで知ることができます。甲状腺の病気と判断された場合、治療が必要となることもありますが、その方法は内服薬によるもの、時には手術を行って甲状腺組織を摘出することもあります。甲状腺の病気も甲状腺ホルモンが過剰に出てしまうものもあれば、逆に機能が低下して、十分にホルモンが分泌されないこともあります。それぞれの症状により治療方法も違ってきますので、症状に合った最適な治療が選ばれることとなります。そして再発を防ぐ工夫としては、ストレスをためないこと、そして自己免疫疾患の一種となっていますので、免疫力を高める工夫も必要です。症状によってはヨードの制限が必要となることもありますので、食事方法なども医師に相談しておきましょう。