下肢静脈瘤を治療しよう|血流の病気は早めに専門医へ

看護師

重い病気として有名

病院

化学療法と造血幹細胞移植が必要です

白血病の治療は、化学療法と造血幹細胞移植の二本立てになります。急性骨髄性白血病の場合、はじめに骨髄内にある白血球を強力な抗がん剤を使用して5%程まで減らしていきます。この状態を寛解状態といいます。抗がん剤により正常な細胞を傷つけるので嘔吐や発熱などの副作用とも戦わなくてはなりません。対応策として抗菌剤、抗ウィルス剤や輸血を並行して行っていきます。白血球の量が減ったところで抗がん剤による白血球細胞の根絶を目指します。治療後半では寛解状態を維持するために比較的弱い抗がん剤の投与へ切り替えていきます。 また、白血病細胞を全て死滅させても造血幹細胞ががん化していると再発の恐れがあります。造血幹細胞移植は、完治を目指すために必要な治療法ですが患者に負担が掛かるため体力とのバランスを考慮した方法となります。

不治の病ではなくなってきました

白血病は初期の状態では気が付きにくく、健康診断で白血球数の異常が偶然見つかるケースがあります。症状は動悸やめまいと同時に痣や貧血、発熱を生じさせます。血液中では異常な血液細胞が流れ出すことでリンパが腫れたり、腹部や関節が傷んだりします。 化学療法と造血幹細胞移植の進歩により不治の病ではなくなってきましたが研究途上ともいえます。慢性骨髄性白血病は急性へ転化すると今までの抗がん剤が効かなくなり、免疫力が低下します。合併症により肺炎や敗血症にかかると治療困難な状態となります。再発率は通常5年以内といわれ、5年間症状が出ないと再発率が大きく減少していきます。血液のがんに対する研究成果は進んでおり今後期待のできる分野といえます。同じく血液に関する病気で多いのが下肢静脈瘤です。下肢静脈瘤の特徴は血管が膨れて大きなコブになることです。命に関わる病気ではありませんが、放っておいても治らないので病院で治療を受けましょう。

負担の少ない治療法

カウンセリング

横浜クリニックでは最先端のガン治療が行われています。患者本人の免疫機能を高める治療法のため従来の治療法との組み合わせることで、柔軟で負担の少ない治療が可能になっています。予約制の無料相談会も行っているので、ガン治療で悩みのある方はそちらでの相談を検討しても良いでしょう。

Read More

症状と治療方法を知ろう

医者

甲状腺の病気は女性に多い疾患ですが、あまりはっきりとした症状が出ないこともあり、発病していても気づかないことも少なくありません。治療は薬、手術などで行われており、それぞれの症状に合わせて選ばれることとなります。

Read More

効果は治療法で異なる

ナース

転移がんは、いろいろなところに広がることがあります。手術だけでは治療できないこともあるので、様々な治療法を組み合わせていきます。最近は担当医とよく相談して、いろいろと組み合わせていく治療法が主流です。

Read More